ばしん・ヴ・ログ

ばしんによるブログです。うさブクロが好きです。ラーメンも好きです。お笑いまでもが好きです。こう見えて、情報系やってます。

業界は絞るべき?業界を絞るメリットは4つ!

ばしんです。

就活生の悩みとして、「業界は絞るべき?」ってのがあると思うんですけどね、

ばしんは、2つの業界だけしか受験してないんですよ。

具体的には、情報処理業界と通信インフラ業界です(知りません)

その辺をちょっと深掘りしていきたいですね(勝手にしろ)

 

 

業界はこうやって絞る!

ばしんね、元々は、さっき挙げた情報処理業界と通信インフラ業界の2業界に加えて、塾業界もいいなと思ってました。

後は、なんとなく方向性似てますけど、学校教師もいいなと思ってたんですよね。

他にもなんとなくいいなと思った業界はいくつもあります。

なのに、結局、最初に挙げた2業界だけしか受けてないんですよね。

ここまで絞った判断基準は、「もしそこから内定が出たとして、本当に入社する気持ちがあるかどうか」でした。

その上で自分の価値観と照らし合わせて、入社したい!と思う業界・会社を全て受験するのがいいと思います(これが既に絞った結果ということになります)

ここでのポイントは、無理に絞ることを意識するのではなくて、いらないのだけカットするということです。

いらないのだけカット!必要なのは受ける!(これが重要)

 

もし内定出ても入社しないという気持ちなら、おそらくやる意味がありません()

具体的に別のビジョンがあるのなら、また話が変わってくると思いますけどね。

 

ばしんは、ただご飯を食べるためだけに働くのは、違うんじゃないかなと思います。

仕事のどこかに熱い思いがないと、面白くないですよね()

そうじゃなければ、フリーターにでもなって、好きなことに没頭した方が楽しいと思います。

たぶん死ぬ思いで仕事してはぁ~ってなるより、そっちの方が幸せなんじゃないかな。

 

就職に対する考え方は、個人によってそれぞれだと思いますけどね。

あくまでも、就活は、充実した人生を送るための一つの手段であるという気持ちだと、やりやすいんじゃないかなと思います。

 

業界を絞るメリットは4つ!

1. 有意義な時間が過ごせる。

就活が本格化すると、午前も午後も説明会とか面接とか、朝から夕方までずっと拘束されるわけですよ。

しかも、受験する会社の全てにESを提出しないといけないので、これまたその時間もかかるんですよね。

これって、爆弾抱えてるような数の業界・企業を受けていたら、きっと大爆発しちゃうと思います()

しかも、別に欲しくもない内定に対してこんだけ就活に時間を割かれてしまうと、マジで時間の無駄です、病みます()

 

それだったら、就活の時間は就活をして、空き時間で書類作成、それ以外の時間で自分の好きなことをしましょう。

そしたら、就活も楽しめるし、自分の好きなことも楽しめる。

書類作成の作業は面倒臭いけど、想いを伝える工夫を楽しめる。

結果的に、就活というイベントを生活の一部として楽しめるわけです。

 

2. 徹底的に業界研究ができる。

当たり前ですが、入社するつもりがない会社の分だけ時間に余裕ができるので、徹底的に業界研究ができます。

業界研究の方法で一番有効なのは、長期インターンシップだと思います。

説明会や1dayインターンシップで得られる情報のその先の世界まで見ることができます。

実際に現場で数週間働くということになるので、やっぱり得るものが違います。

でも、限られた時間の中で、いくつもの長期インターンシップに参加するのは、なかなか難しいですよね(上手くいけば可能かもしれませんが)

1dayインターンシップで得られるものって、説明会よりはあるけれども、長期インターンシップには到底及びません。

しかも、こうやって徹底的に研究してると、業界の専門家的存在になれます。

そうなってしまえば、面接なんてなーんにも怖くありません(マジで)

友達からも業界についていっぱい問い合わせがきて、ドヤ顔できます(勝手にしろ)

 

3. アピールする部分が明確になる。

これは、自己PRに関連してきますので、リンク貼っておきます。

bashi5296.hatenablog.com

 

自己PRってことは、自分のPRポイントを説明するってことですよね(当たり前)

でも、何がPRになるのかって、相手によって変わる可能性があると思いませんか。

何か宣伝をするとき、ターゲットを明確にしないと上手くいかないと思うんですよ。

自己PRも同じですよね、ターゲット(志望業界・企業)によって、良い!と思う内容は変わってきます。

これを相手の数だけ何個も準備するってなったら、いくら時間があっても足りません()

しかも、結局自分って何者~!?ってなって、PRするキャラ設定を忘れるリスクもあります(言い方)

ターゲットが明確だと、自分がPRするキャラ設定を1つだけ意識していればいいので、余裕です。

 

4. 面接で堂々とできる。

面接で「志望業界は他にありますか。その理由はなぜですか。」って聞かれることがあるんですよ。

そのときに、業界をある程度絞って、自分の価値観と一緒に説明できれば、もうこれだけで説得力が違います。

逆に、ここで自分なりに絞れていないと、厳しいものがあります()

「大学卒業後の進路を保障して欲しいんです!」とかしがみついてもこわいぃ~です(ゆきりぬやぞ)

ここで滑り止めなんじゃね?とか思われたら、もう面接官もやる意味がないと思うでしょうし、からいです(言い方)

自分の価値観と一緒に考えた結果です!って、ちゃんと主張できるようになりましょう。

 

業界を絞っても絞らなくても、 大切なのは自分の想い!

〇〇になりたい!よりも、

自分の〇〇という価値観を大切にしたい!

〇〇な世界にしたい!

という想いが大事だと思います。

その結果として、〇〇になりたい!というところまで説明する必要があると思います。

 

ちなみに、想いを実現するアプローチの方法は無数にあると思うので、それを忘れなければ幸せになれそう(勝手に)

逆に、その想いを実現できそうな会社の受験は、自分なりに時間を工夫して、上手く並列処理してくださいね。

で、入社したい会社から内定が出てから、本当に入社する会社を1社に絞りましょう。

 

頑張ります(誰が)